ブログ

やってみなければわからないだろう!

固定概念

人は経験を元に物事を判断します。その経験値で物事を進めることが多くなります。歳を重ねると、自分の考え方を変えていくのが億劫、面倒臭いという気持ちになりがちです。

私自身も大きく変化(進化)しようとすると気力、体力を気にして動きづらくなる時があります。慣れに満足してしまい、変化(進化)を起こさなくなって、いい結果を出せない時も多々ありました。「一歩踏み出す勇気が自分にもあれば」と、あとで後悔する時も多々ありました。

何を基準に

物事の捉え方は様々です。隣の人と必ず意見が合致するとは限りません。では、人は何を基準に自分の答えを出しているのでしょうか?経験?予測?聞いた話?基準も人それぞれ。自身の判断が決して正しいことばかりではありません。

挑戦する気持ち。挑戦させる気持ち。

社内ではいつも「やって失敗することは歓迎」「やらずに後悔だけはしないように」と話しています。もちろん失敗してしまって他に迷惑をかけてしまうことがあればそれをしっかりフォローしていきますが、挑戦できない環境は人の成長を妨げる原因となります。

お互いが助け合い、挑戦する人を応援する。そんな環境って本当にやりがいのある職場だとおもいます。決してきれいごとではありません。現に、ベンチャー企業で名を残している企業はほぼ「チャレンジ精神」を推奨しています。

『プチ紳士からの手紙』

タイトルの「やってみなきゃわからないだろう!」は平成29年5月 第123号に掲載された記事から頂きました。冊子が到着し、早速目に止まったこの記事を読みました。脳性まひの障害をもつ小学生が野球部に入り、見事に活躍するリアルストーリーです。

そこに描かれた「本人の秘めたる力」「監督の采配力(マネジメント力)」「個人の能力を引き出す力」「チームワーク」には、私自身、感動し涙した瞬間でした。自身の経験したことのない内容(まさかできるわけないだろうという安易な考え)が世の中で実際に行われている。自身の小ささを改めて痛感しました。

素直に感動できる自身に感謝する

「人間力を高める」私にとって永遠のテーマであり、常に意識していることです。周りの諸先輩から数多くの教えを受け、その教えを実行し、少しでも世の中の役に立てればと日々を過ごしています。感動して素直に涙が流せる自分がとても好きです。

こんな事を世の中の皆様と共有したく、これからも株式会社メディカルブレインでは多くの方に「プチ紳士からの手紙」を店頭でお渡しできればと思っています。ご興味のある方はぜひ、店頭にございますのでお持ち帰りください。

そしてぜひ、世の中に拡散していって頂きたいと思います。

「いい話の広場」

いい話の広場(プチ紳士・プチ淑女からの手紙)

————————————————-
株式会社メディカルブレイン
医療コンサル、調剤薬局のメディカルブレインです。
株式会社 メディカルブレイン本社
TEL 0568-54-2401 Mail : info@medical-brain.jp

関連記事

  1. 「誠心誠意 」 相手の立場に立ち行動する
  2. 『フットサル部』活動報告
  3. 2035年に向かって
  4. 新規開局のお知らせ
  5. 『自転車部』活動記録
  6. フットサル部 活動報告
  7. 『フットサル部』201807活動報告
  8. にじの丘Brothers「自転車部」発足のお知らせ

にじの丘Brothers

最近の記事

  1. みんなの薬局 瀬木
PAGE TOP