ブログ

技能実習法が施行されます。

「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(技能実習法)が平成29年11月1日と定める政令が閣議決定されました。

介護人材に関しては来日前に日本語能力「N4」程度を求められます。テクニカル事業協同組合では日本の教養も教育し、優秀な技能実習生を送り出す準備に取り掛かっております。

現地で日本語学校を開設(直営)。介護に必要な日本語スキルを徹底教育し、来日後即戦力となる人材をご紹介致します。

テクニカル事業協同組合はフィリピンにて日本語学校「ABH SKILLS DEVELOPMENT AND TRAINING CENTER INC」を設立。介護専門の日本語教育を実施して行きます。日本の組合直営のため、品質が高く、海外とのやりとりに対する不安が軽減致します。
日本へ送り出す前に「N4」の能力を身につけさせます。(学校での受講期間1−1年半)

日本におけるサポートが徹底されている

組合ではタガログ語、英語が堪能なスタッフが在籍しております。技能実習中のトラブルや、実習生のホームシックなど、日常のトラブルに迅速に対応致します。

キーワードは「親孝行」

日本の介護で一番必要なのは「親孝行」の気持ち。そんな気持ちを日本語教育に織り交ぜ、心の通った実習生を育成し、ご紹介いたします。

詳細につきましては御社へ担当が訪問し、ご説明させていただきます。

お問い合わせはこちら

 

関連記事

  1. スマレジ導入
  2. 新規開局のお知らせ
  3. 外国人技能実習生について
  4. これからの薬局の役割
  5. 1月の社内イベント
  6. 餅つき大会@2019
  7. やってみなければわからないだろう!
  8. 納涼会

にじの丘Brothers

最近の記事

  1. みんなの薬局 瀬木
PAGE TOP