ブログ

在宅調剤

こんにちは、人事の辻です。

 

メディカルブレインでは在宅調剤に力を入れています。

「在宅主任」をリーダーに置き、各店で在宅調剤を通して地域の医療に貢献しています。

今回、在宅主任にインタビューを行い、在宅調剤について語って頂きました。

 

 

在宅主任としてどのような仕事をしていますか?

薬局へ薬をもらいに行けずに困っている患者様の助けになれる様に定期的に地域ケアセンターや居宅介護支援事業所を伺ったり、介護施設の調剤業務の立ち上げ、在宅を行う時に業務が滞りなく行えるようマニュアルや社内ルールの作成、地域ケア会議・退院後カンファレンス出席、薬剤師会の在宅推進薬局の会合の出席等、様々な活動を行っています。

在宅の業務でのやりがいは?

病院の先生をはじめ、ケアマネージャーさん、介護スタッフさん、訪問看護師さんから、感謝の言葉を頂いたときは、心から「力になれてよかった」と感じます。また、個人のお宅の患者様、施設の患者からも「ありがとう」という言葉を頂けます。

また、社内のスタッフからも在宅について頼ってもらえる場面があるので、やりがいを感じる場面が多々あります。

在宅主任をやっていてうれしかったエピソードは?

介護施設の立ち上げを行った所で、立ち上げから数年たった今でも施設の職員さんが自分の名前を憶えていてくれて、声をかけて頂けたときに「薬局の顔として認知してくれているんだ」と感じました。今後も、在宅を通して地域医療に貢献していきたいです。

 

 

 

在宅調剤の未来は無限大 

メディカルブレインの在宅部門は情熱あふれる在宅主任を中心に活動しており、在宅業務が未経験の薬剤師や事務でも活躍できるようにサポート体制が充実しています。

新規出店により、活躍の場がどんどん増えていきます。在宅業務に興味のある方がいましたら、一緒に在宅を盛り上げていきましょう。

関連記事

  1. これからの薬局の役割
  2. 薬剤師研修/バイタルサイン研修 中級編
  3. 餅つき大会@2019
  4. こども薬剤師体験
  5. みんなの薬局 小牧 オープン
  6. 新年会@2019。
  7. 2035年に向かって
  8. 新規開局のお知らせ

にじの丘Brothers

最近の記事

PAGE TOP