お薬について

お薬について

 すべての医療機関の処方せんをお受けします

みんなの薬局では、近隣の医療機関の処方せんだけでなく、全国の医療機関の処方せんによる調剤を
お受けします。

 かかりつけ薬局とは?

「かかりつけ薬局」は、身近にある行きつけの調剤薬局のことです。
処方箋を持って行けば、どの薬局でもお薬を出してくれますが、患者さんが気軽に相談でき、
いつでも足を運べる場所に「かかりつけ薬局」を持つことで患者さんに多くのメリットが得られます。
大切なのは、どこの医療機関にかかっても1ヶ所の薬局(かかりつけ薬局)で調剤を受けることです。

 かかりつけ薬局の役割

医師の処方せんをもとに薬剤師がお薬を出すだけでなく、患者さんが飲んでいるすべてのお薬(市販薬や健康食品も)の履歴をまとめて管理し、正しくお薬を使用するためのアドバイスをいたします。

▶️複数の医療機関で処方されるお薬をまとめて管理できますから、薬の重複や飲み合わせ、副作用などのトラブルを防ぐことができます。

▶️お薬の飲み方、効きめや注意すべき副作用など、処方された薬について、わかりやすく細かいアドバイスをいたします。

▶️日々の暮らしの中の健康に関する情報を気軽に知ることができます。

▶️お住まいなどの近くであれば、いったん薬局に処方せんを預け、あとで調剤された薬を取りに行くことも簡単です。
お年寄りや体調の悪い時には、ご家族の方が代わりに処方せんを薬局におもちいただいたり、お薬を取りに来ていただけます。

▶️困ったときには、休日や夜間でも相談ができます。

かかりつけ薬局は患者様の総合健康アドバイザーです。

 お薬手帳

お薬手帳は、患者様のおくすりに関する情報の記録です。複数の医療機関を受診する時や、転居した時など、お薬手帳を見せれば的確な処置・治療を受けることができます。

おくすり手帳の活用

▶️ 医療機関で診てもらう時は必ず持ってお出かけください
▸薬の重複や、飲み合わせを未然に防止できます。
▸同じ薬による副作用の再発を防止できます。
▸薬の使用の記録があることで、安全に薬を使用することができます。

▶️気になっていることや伝えたい事をお書きください
▸体調の変化や気になったこと、医師や薬剤師に相談したいことを書いておいてください。

▶️一般用医薬品(大衆薬)・健康食品も記録してください
▸よくない組み合わせ・食べ合わせが見つかることがあります。

▶️おくすり手帳は一冊にまとめて
▸飲んでいる全ての薬を、一冊のおくすり手帳で記録することが大切です。
病院ごとや薬局ごとに、別々のお薬手帳を作らないようにしてください。

 ジェネリック医薬品について

病院で処方されるお薬は二種類、新薬とジェネリック医薬品があり、それぞれ先発医薬品、後発医薬品とも呼ばれています。先発医薬品は、製薬メーカーが新しく開発した薬のことです。
ジェネリックとは先発メーカーが開発した新薬は20~25年間特許で守られ、独占的な製造・販売ができます。
この新薬の特許期間が過ぎると、開発メーカー以外の製薬会社でも同じ薬を作ることが可能になります。
特許の切れた先発医薬品の後に発売されるため、「後発医薬品」または「ジェネリック医薬品」といわれています。

ジェネリックの優れるところは

▶️ メリット 1
ジェネリック医薬品の最大のメリットは薬の価格が安いことです。新薬の開発には、10~15年の年月と150~200億円にのぼる莫大な費用と時間が必要といわれています。
ジェネリック医薬品は、開発にかかる期間は3~5年、開発費は1億円程度といわれており、研究・開発費が大幅に抑えられるため、新薬に比べて約2〜7割の価格に抑えることができます。
生活習慣病、糖尿病など薬を長期間服用する方にとっては、とても強い味方になります。

▶️メリット 2
ジェネリック医薬品は、新薬の有効性・安全性が十分に確かめられた後に作られるので、使いやすく、安全なお薬ともいえます。

▶️ メリット 3
個人の財布に優しいジェネリック医薬品は、国にとっても年々増加の一途をたどる医療費の節約に大きく貢献しています。
特許の切れた先発医薬品をジェネリック医薬品に切り替えると、年間約1.3兆円の医療費が節約できるといわれています。

▶️メリット 4
薬の形状や大きさをを小さくしたり、苦みを改善して服用しやすくするなど、先発医薬品と同等以上の飲みやすさが工夫されているジェネリック医薬品もあります。

PAGE TOP